オールインワン 20代 30代

20代、30代でオールインワン化粧品を使う場合の参考ポイント

スキンケアは若いうちから始めるべきと、よく言われますよね。しかし、若いころはスキンケアの方法がよくわからずに失敗してしまうこともあります。

 

それで、手を伸ばしやすいのがオールインワン化粧品です。

 

今回は、年代別のスキンケアを確認しながら、20代、30代でオールインワン化粧品を使う場合の参考ポイントをお伝えしていきます。

 

20代と30代のスキンケアの違い

 

シミウス

 

<20代のスキンケア事情>

 

20代に多い失敗は、刺激の強いコスメによる肌のトラブルです。また、メイクを落とすクレンジングと洗顔で、肌のバリア機能を低下させてしまうことも多いです。その結果、乾燥肌などに悩むようになってしまいます。

 

20代の素肌は、まだ丈夫ですが、この時期からの基礎的なスキンケアを怠らないようにしたいものです。

 

<30代のスキンケア事情>

 

20代では気にならなかったことが、30代では深刻になってきます。たとえば、紫外線による影響に対して敏感にならざるを得ません。肌のターンオーバーも20代のころのようにはいかないので、紫外線によるシミ対策にも苦労するようになります。

 

また、スキンケア時の摩擦に対しても肌が弱くなってしまいます。スキンケアをする手や使用するコットンが、肌への摩擦となってしまうのです。化粧水や乳液塗布の力加減にも注意しましょう。

 

20代、30代でオールインワン化粧品を使う場合の参考ポイント

 

<20代でオールインワン化粧品を使う場合の参考ポイント>

 

20代の前半は皮脂の分泌も保湿力も安定しているので、さっぱり系のオールインワンジェルが良いでしょう。また、まだまだニキビができる年齢なので、大人ニキビ対策ができるものを選ぶというのも一つのポイントになります。

 

20代の後半は、保湿成分にこだわったオールインワンジェルを選び始めましょう。角質層を安定させるために、セラミドが配合されているものが良いでしょう。

 

<30代でオールインワン化粧品を使う場合の参考ポイント>

 

30代になると潤いもハリも衰えてきます。ターンオーバーの周期も遅くなるので、シミやシワもできやすくなるのが悩みどころです。そのあたりを考えると、本格的なエイジングケアを意識せざるを得ません。

 

肌のエイジングケアには、抗酸化作用のある成分が有効です。ですから、オールインワン化粧品を選ぶ目安として、ビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10などが配合されているものに目を向けるようにしてください。

 

まとめ

 

シミウス

 

以上、20代、30代でオールインワン化粧品を使う場合の参考ポイントをお伝えしました。20代前半の若いうちは、メイクへの関心が高まるものの、スキンケアまでは気が回りません。

 

しかし、スキンケアは若いうちから始めるのが理想的だというのは多くの女性が実感しています。オールインワン化粧品を上手に利用して、早め早めに、スキンケアを始めるように心がけてください。

 

オールインワン化粧品なら、肌への刺激や摩擦も最小限に抑えることができるという点でも、肌にやさしいスキンケアができますよ。

 

>>話題のオールインワン「シミウス」についてはこちら

関連ページ

オールインワンジェルの人気ランキング【必見】
ランキングで人気のオールインワンジェルは、どんな特徴があるのでしょうか?参考にしたいオールインワンジェルの人気ランキング情報のお届け!
オールインワンジェルで、スキンケアは充分?
オールインワンジェルで、スキンケアは充分?スキンケアでオールインワンジェルを使うメリットとデメリットの紹介
オールインワンがオススメなワケとは?【時短ケアで快適!】
シミウスジェルはシミで悩む多くの女性に大人気のオールインワン化粧品です。でも、オールインワンと聞くと、その効果に不安な方も。そこで、シミウスジェルをはじめ、多くのオールインワン化粧品が支持されている理由をみていきましょう。
40代、50代の方におすすめのオールインワン化粧品
40代、50代でオールインワンを化粧品を使う場合、どのような点に注意して選べばいいの?肌の質が変わってくる40代、50代で、オールインワン化粧品を選ぶ場合の参考ポイント!
シミウスジェルと他のシミ美白化粧品の比較情報
シミ美白化粧品を選ぶなら、どれがいいの?シミウスジェルと比較すると、どんな違いがあるの?シミウスジェルと他のシミ美白化粧品の比較情報