オールインワン 40代 50代

40代、50代の方におすすめのオールインワン化粧品

40代、50代で迎える大きな問題として、更年期がありますよね。その更年期が近づいてくると、美肌成分を作り出す肌細胞の働きも低下してくるので、素肌への影響も出てきます。結果として、シワやたるみ、くすみなどの形で表れてくるのです。

 

そうなると、40代、50代のスキンケアも見直す必要があるかもしれませんね。そこで今回は、40代、50代のオールインワン化粧品の選び方についてお伝えします。

 

40代のオールインワン化粧品の選び方

 

シミウス

 

加齢とともに減少していく美容成分は、補っていく以外に方法はありません。主に必要とされるのは、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などです。これらは、40代の女性には欠かせない保湿力の高い成分です。

 

優秀な保湿成分によって期待されるのは、「肌のターンオーバーを正常にする」「肌にハリを取り戻す」「肌にバリア機能をもたらす」「メラニン色素を抑制する」などです。

 

オールインワン化粧品を選ぶ時の参考として、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などの成分に目を向けるようにしてください。

 

50代のオールインワン化粧品の選び方

 

シミウス

 

<50代のターンオーバー>

 

50代になると、ターンオーバーの周期が遅くなるというのが肌トラブルへの影響が大きいです。まずは、年代別のターンオーバーの目安をご覧ください。

 

10代  約20日
20代  約28日
30代  約40日
40代  約55日
50代  約75日
60代  約100日

 

ご覧の通り、50代は20代の2倍以上になります。それだけ、必要な成分が足りていないとも言えるわけです。ターンオーバーが遅くなると、角質層が厚くなります。そして、シミ、ソバカス、ハリ、ツヤ、くすみ、小じわがみに悩むようになります。

 

<有効成分の配合率と浸透力>

 

年齢を重ねてきた場合、オールインワン化粧品を選ぶ時は、有効成分の配合率や浸透力に工夫があるかに注目してください。まず、チェックしたいのは、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体はもちろん、植物エキスやプラセンタなどの配合率です。

 

また、浸透力を高めるために、低分子化、ナノ化といった技術によって、有効成分を配合されいるものがあります。ポイントとして、有効成分の配合率と浸透力をチェックして、オールインワン化粧品をお選びください

 

まとめ

 

シミウス

 

以上、40代、50代のオールインワン化粧品の選び方についてお伝えしました。40代も後半になると、更年期特有の変化が訪れます。年齢に合わせたスキンケアが必要となりますね。

 

たとえると、所有期間の長いスマートフォンは、充電してもすぐにバッテリー切れになります。残念ながら、私たちの肌も同じなんです。年齢を重ねと、スキンケアしても長持ちしなくなってきます。

 

逆の発想をすれば、年齢に応じたスキンケアさえすれば、美を保つことができるということです。スマートフォンの充電をこまめにするように、スキンケアもこまめにすれば女性としての誇らしさを保つことができるというわけです。

 

ぜひ、40代、50代の自分に相応しいオールインワン化粧品を見つけてください。

 

>>話題のオールインワン「シミウス」についてはこちら

関連ページ

オールインワンジェルの人気ランキング【必見】
ランキングで人気のオールインワンジェルは、どんな特徴があるのでしょうか?参考にしたいオールインワンジェルの人気ランキング情報のお届け!
オールインワンジェルで、スキンケアは充分?
オールインワンジェルで、スキンケアは充分?スキンケアでオールインワンジェルを使うメリットとデメリットの紹介
オールインワンがオススメなワケとは?【時短ケアで快適!】
シミウスジェルはシミで悩む多くの女性に大人気のオールインワン化粧品です。でも、オールインワンと聞くと、その効果に不安な方も。そこで、シミウスジェルをはじめ、多くのオールインワン化粧品が支持されている理由をみていきましょう。
20代、30代でオールインワン化粧品を使う場合の参考ポイント
20代と30代では肌の質が違う?スキンケアの方法は?年齢に関係なく、オールインワン化粧品で大丈夫?20代、30代でオールインワン化粧品を始める場合の参考ポイント
シミウスジェルと他のシミ美白化粧品の比較情報
シミ美白化粧品を選ぶなら、どれがいいの?シミウスジェルと比較すると、どんな違いがあるの?シミウスジェルと他のシミ美白化粧品の比較情報